Home > 100_IFRS概要 | 700_IFRS用語集 | 710_こ > コンバージェンスの背景

コンバージェンスの背景

コンバージェンスの背景は、2005年から欧州市場において上場する域内企業が作成する連結財務諸表にIFRSを適用することが義務付けられることとなったことに端を発している。欧州市場において資金調達を行う日本企業が採用する会計基準、すなわち日本の会計基準が欧州市場で評価されず、結果、欧州市場において日本基準で作成された財務諸表が受け入れられなくなる事態を招かないために、IFRSに対する日本基準のコンバージェンス検討が開始された。

2005年7月に欧州証券規制当局委員会(CESR)により、IFRSと日本基準との間における会計基準の同等性評価が行われた。評価の結果、CESRはIFRSと日本基準は「全体として同等」としながらも、26項目の差異があると報告し、一定の補完措置を求めた。

CESR指摘のコンバージェンス26項目

1 株式報酬(IFRS 2)
2 取得原価での少数株主持分(IFRS 3)
3 段階的取得(IFRS 3)
4 異常危険準備金(IFRS 4)
5 工事契約(IAS 11)
6 不良債権(IAS 12, IAS 30)(開示が既になされている場合を除く)
7 資産の除去債務に関する費用(IAS 16)
8 従業員給付(IAS 19)
9 のれんの換算(IAS 21)
10 デリバティブの公正価値(IAS 32)
11 減損の戻入(IAS 36)
12 廃棄費用(IAS 37)
13 投資不動産(IAS 40)
14 株式報酬(IFRS 2)
15 交換日(IFRS 3)
16 取得した研究開発費(IFRS 3)
17 負ののれん(IFRS 3)
18 後入先出法の使用及び原価法(IAS 2)
19 会計方針の統一(IAS 28)
20 減損テスト-割引前将来キャッシュフロー(IAS 36)
21 開発費用の資産化(IAS 38)
22 農業(IAS 41)
23 持分プーリング法(IFRS 3)
24 連結の範囲(支配の定義-適格SPE)(IAS 27)
25 会計方針の統一(IAS 27)
26 金融商品(IAS 39)

ASBJはこれを受けて、2006年10月に、「我が国会計基準の開発に関するプロジェクト計画について-EUによる同等性評価等を視野に入れたコンバージェンスへの取組み-」を公表。

CESRから補完措置が提案されている26項目の取り組み状況について、2007年末までの作業計画と2008年年初の達成状況の見通しを明らかにすることに主眼を置いた「プロジェクト計画表」を示すこととなった。

その後、コンバージェンスプロジェクトは進捗し、計画書も適宜更新されている。

最新のプロジェクト計画表と進捗はこちらより参照可能となっている。

関連エントリー:
コンバージェンス
CESR

関連カテゴリ・タグ: , , , , , ,

関連記事

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 100_IFRS概要 | 700_IFRS用語集 | 710_こ > コンバージェンスの背景


累計:

Return to page top