Home > 100_IFRS概要 > IFRS (International Financial Reporting Standards)とは

IFRS (International Financial Reporting Standards)とは

IFRSとは何か?

「国際財務報告基準(IFRS)」とはIASBが策定する会計基準である。前身のIASC時代に作られた会計基準は「国際会計基準(IAS)」と呼ばれていたが、IASはIASBに継承されている。個々のIFRS及びIASはIASBが定款に定められた適切なデュープロセスに基づいて順次改訂、見直しを行っている(参考:PWC Japan IASBプロジェクト計画表)。

IFRSへの会計基準統一化の流れ

米国、日本においては、自国の基準をIFRSに近づける「コンバージェンス」が進められてきたが、欧州連合(EU)がEU域内上場企業に対し連結財務諸表にIFRSの適用を義務付け、域外上場企業にも「IFRS又はこれと同等の会計基準」の適用を義務付けたことを契機に、IFRSを自国の基準として採用する「アドプション」を表明する国が急速に増加し、世界的に「アドプション」への方向転換が加速化した。
これは、金融市場の覇権を目論んでいたEUの思惑と、米国企業であるエンロンやワールドコムなどの粉飾等による米国会計基準の地位低下が招いた潮流であるとも言われている。

米国は米国財務会計基準審議会(FASB)とIASBが共同で「コンバージェンス」を進めてきたが、同時に、米国証券取引委員会(SEC)は2007年11月に外国企業がIFRSに準拠した財務諸表を調整表なしで認める規則を公表、さらに2008年には米国企業に対するIFRS適用の可能性に関しロードマップ案を公表することを決議、同年11月にロードマップ案を公表した。

日本においても、企業会計基準委員会(ASBJ)がIASBと共同で「コンバージェンス」プロジェクトを進めてきたが、米国の動向を受け、IFRSの採用に向けた議論が活発となった。企業会計審議会・企画調整部会は2009年2月4日に「我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)(案)」(コメント期限:2009年4月6日)を公表、意見募集を行った上で、同年6月に「我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)」を公表した。その骨子は、IFRSの任意適用については、2010年3月期の年度財務諸表から一定の上場企業の連結財務諸表に認め、強制適用については2012年を判断の目途とするものである。

関連カテゴリ・タグ: , , , ,

関連記事

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 100_IFRS概要 > IFRS (International Financial Reporting Standards)とは


累計:

Return to page top