ホーム > タグ > 日本電波工業

日本電波工業

住友商事が2011年3月期からIFRSの任意適用を行うことを表明

2010年12月1日、住友商事は、2011年3月期の有価証券報告書における連結財務諸表からIFRS適用するとのこと。国内2例目。

適用のスケジュールは以下。
 2011年5月:2011年3月期決算短信(米国会計基準)
 2011年5月:2011年3月期連結業績(米国会計基準)
 2011年5月:2012年3月期連結業績予想(IFRS)
 2011年6月:有価証券報告書(IFRS)

詳細は、住友商事のリリース(pdf)から

関連カテゴリ・タグ: , , , , , , ,

関連記事

日本電波工業のIFRSベース9月中間包括利益は89%減。

日本電波工業は、2010年11月5日、第2四半期決算短信を発表した。
円高進行と株式相場下落によりその他の包括損失が1,001百万となったことが大きく、9月中間包括利益は89%減となったとのこと。
詳細は、日本電波工業の「平成23年3月期 第2四半期決算短信[IFRS](連結)」から

関連カテゴリ・タグ: , , ,

関連記事

更新:日本電波工業が決算発表。IFRSの任意適用第1号に。

日本電波工業は5月13日、2010年3月期の決算発表をIFRSベースで行い、日本国内におけるIFRS任意適用第1号企業となった。

IFRSに基づく2010年3月期の売上高は525億9000万円、営業利益は39億7900万円、親会社の所属者に帰属する当期利益が43億3700万円、当期包括利益合計額が41億6700万円。
また、日本電波工業では、02年3月期からIFRSに基づいた財務諸表を作成していたため、今期がIFRSの『初度適用』には当たらないとしたが、参考情報として、『会計基準の変更及び業績予想と実績との差異に関するお知らせ』と題した差異情報を公開した。

参考リンク
日本電波工業
日本電波工業の株価情報(yahoo)

参考記事(2010/6/3追記):日本初IFRS適用 「通常の3倍の負荷」 ダイヤモンドオンライン記事

特に負荷がかかったのは、差異を示すために従来の日本基準の連結決算、さらに単独決算も作成しなければならなかった点。担当によっては「通常の3倍の負荷」(若林京一専務取締役)がかかったという。また、決算発表に当たり、東京証券取引所と短信の発表形式について何度もすり合わせ作業を要した。IFRSによる決算短信のひな型がまだないからである。

関連カテゴリ・タグ: , , , ,

関連記事

Home > タグ > 日本電波工業


累計:

Return to page top